石塚左玄医食研究所

sagen ishizuka health research institute

石塚左玄の食養学とは

 1.食本主義
 「食は本なり、体は末なり、心はまたその末なり」と、心身の病気の原因は食にあるとした。人の心を清浄にするには血液を清浄に、血液を清浄にするには食物を清浄にすることである。

 2.人類穀食動物論
 食養理論の大著である「化学的食養長寿論」は「人類は穀食(粒食)動物なり…」と始まる。臼歯を噛み合わせると、粒が入るような自然の形状にへこんでいる為、粒食動物とも言った。または穀食主義。人間の歯は、穀物を噛む臼歯20本、菜類を噛み切る門歯8本、肉を噛む犬歯4本なので、人類は穀食動物である。穀食動物であるという天性をつくす。

 3.身土不二
 「郷に入れば郷に従え」、その土地の環境にあった食事をとる。 居住地の自然環境に適合している主産物を主食に、副産物を副食にすることで心身もまた環境に調和する。

 4.陰陽調和
 当時の西洋栄養学では軽視されていたミネラルのナトリウム(塩分)とカリウムに注目した。陽性のナトリウム、陰性のカリウムのバランスが崩れすぎれば病気になるとした。ナトリウムの多いものは塩の他には肉・卵・魚と動物性食品、カリウムの多いものは野菜・果物と植物性食品となる。しかし、塩漬けした漬物や海藻は、塩気が多いためにナトリウムが多いものに近い。精白した米というカリウムの少ない主食と、ナトリウムの多い副食によって陰陽のバランスが崩れ、病気になる。

 5.一物全体
 一つの食品を丸ごと食べることで、陰陽のバランスが保たれる。「白い米は粕である」と玄米を主食として薦めた。

 
 

設立の経緯

 石塚左玄医食研究所は明治時代の食医である石塚左玄の功績を記念し、国際医食交流を促進する目的により2011年に設立致しました。
 私たちは何故食べるのでしょうか?この素朴な疑問に対し石塚左玄の弟子たちは、中国の仏教用語である「身土不二」という言葉で解決してくれました。
 即ち、人間と自然は一体であるという意味で、自然と調和し、自然の法則を尊重することで、人と自然とが一体となって繋がっているということです。より判り易く説明すると、その土地でその季節に自然にとれるものを中心に食べることで、暮らしている場所の気候・風土に適応でき、季節の変化にもついていくことができる、ということです。  また、石塚左玄の訓えの一つに「一物全体」という訓えがあります。これは、一つの食品を丸ごと食べることで、陰陽のバランスが保たれるということです。
 石塚左玄は「食養」に関する著書も多くあり、日本での「医食同源」における第一人者であり、天皇家の献立は石塚左玄の食養学に基づいています。
 石塚左玄医食研究所は、創立以来石塚左玄の「食養」の訓えに基づき健康食品の研究を行っており、宮家のご愛顧を受け賜わっております。
 2015年6月に販売会社として、株式会社石塚左玄医食研究所を正式に設立しました。
 現代の社会生活において、多くの人々が膨大な精力とエネルギーを消費しています。
 節度の無いインターネットの閲覧、長期の徹夜、大量の飲酒と喫煙、過度な労働等々により過労死を招いたり、睡眠不足による生体時計(体内時計)の乱れによる不調を引き起こしています。例えばパソコン病、冷房病、ドライバー病、休日うつ病等の現代病が次々と現れ、人々の健康を蝕んでいます。これらの状況にあって、人々は「現代病」による健康の危機を次第に意識するようになっています。
 原因の第一は、「酸化」です。体の酸化は分解できないたんぱく質で、高酸化物質の摂取過多によって起こります。
 第二は、「欠乏症」です。これは身体の機能を働かすためのいくつかの物質の欠乏で、長期に及ぶことにより病気を発症し、機能のバランスを失います。
 第三は「圧力」です。これは生活環境により心身の内外に無形の圧力を与えます。
 石塚左玄医食研究所の目的は、健康の楽しさを伝えることです。地球上には多くの異なる民族、異なる国家、異なる言語、異なる文化が存在します。しかし、人類はすべて一つの大家族であり、同様な健康と快楽への願望を持っています。
 石塚左玄医食研究所はそんな皆さんに、良質な健康食品を提供していきたいと考えています。




商品紹介

商品名:ドンマイ晩ごはん

価 格:2,480円

ドンマイ晩ごはんは、活性酵素、活性酵母“スーパーオリエント39”、 超乳酸菌“エンテロコッカスフェカリスEC-12”を最適なバランスで 配合した効果的な健康食品です。


商品名:活き活きグルコサミン

価 格:7,800円

活き活きグルコサミンは、主原料となるグルコサミン(軟骨細胞を 形づくる最も重要な栄養素)、ヒアルロン酸(関節の動きを良くする ための関節液の働き)、コンドロイチン(老化防止の手助け)、 セイヨウシロヤナギ(鎮痛の期待)、プロテオグリカン(新しい細胞を 作り出す力)キャックロー(薬用植物のパワー)の持ち味を融合した、 効果的な健康食品です。


商品名:納豆キナーゼ

価 格:6,800円

納豆キナーゼは、納豆菌がつくる酵素で、血液をサラサラにして 血液中の血栓を溶かしたり、血栓ができるのを防ぐとして注目 されています。 こうした働きから、血圧が高い人や血液中のコレステロール値が 高い人、血糖値が高い人などには積極的に摂るのがおすすめです。 血栓溶解作用を持ち、脳梗塞など血管系疾患の予防に絶大な効果が 期待されています。


商品名:ヘム鉄

価 格:5,200円

普段からの鉄不足解消法としては食事改善が基本ですが、吸収率の高い 食材も少なく、効率が悪いことから、やはりサプリメントがお勧めです。 石塚左玄医食研究所の“ヘム鉄” はその他にも運動能力や記憶力、 学習力のアップ、不眠症改善効果も期待出来るので、貧血だけでなく 様々な症状改善に繋がりますので、男女問わず、年齢問わず、多くの人に お勧め出来るサプリメントいえます。


商品名:しじみのパワー

価 格:8,200円

これまで、カルシウムは骨との関係、またはカルシウム摂取量などについて主に論じられ、肝機能との関連性などは指摘されておらず、それゆえ肝臓に対する作用機序などについても全く不明でしたが、「カルサイト型・焼成シジミ貝殻粉末」を用いて取り組んだ動物実験において下記の効果がある事が分かりました。
(中国医科大学によるデータより)
①カルサイト型・焼成シジミ貝殻粉末(CaCO3)の経口投与で肝機能が改善効果。
②作用機序として肝細胞の増殖促進作用(壊れた細胞の修復作用もあるかも知れない)。
③NK細胞の活性化、サイトカイン産生亢進など免疫系細胞を活性化作用。
④中性脂肪、コレステロールを下げる作用。


商品名:マカ

価 格:6,800円

南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。 インカ帝国時代から重要な食物として栽培され、特権階級の食べ物として珍重された。現地では滋養食としてマカを「アンデスの人参」と呼んでいます。(体力,持久力,性欲,生殖力を高めると伝統的に信じられています)


会社概要

名  称 株式会社石塚左玄医食研究所
所 在 地 〒110-0015
東京都台東区東上野1-17-2
第2江口ビル3F
会  長 服部弘志
T E L 03-3834-5008
F A X 03-3834-5009
事業内容 食品及び健康食品の製造、販売
U R L http://sagen-ishizuka.com/


お問い合わせ

お 名 前
メールアドレス
お問い合わせ内容